認知症予防メソッド「そろばん式脳トレーニング」

認知症の増加

kouen

昨今、認知症に関する悲しいニュースが世間を賑わせており、残念ながら、その数は年々増加しています。認知症対策は既に待ったなしの状況であり、国や各自治体だけでなく、製薬会社などの民間企業も日々、製品開発やノウハウの開発に力を注いでいます。

当社もそろばんを使った認知症予防の研究を2005年から始め、大学などの脳の研究機関での実験を通じて、そのノウハウの研究・開発・改善を常に続けております。

  
  

珠算のイメージ

kouen

ところで、そろばん(珠算)というものは、指先を動かすので認知症予防に有効だというイメージがないでしょうか?実は当社も事業開始当初は、そういった前提で営業をしておりました。ところが、子供達と同じように珠算をやってるだけでは限定的な効果しか得られないということが脳科学の実験で判明したのです。

2005年当時、「そろばんを使った計算=珠算」をしたら脳がこんなに活性化するよ、というデータを雑誌やインターネットなどで見たことがあったので、そんなはずはない、と何度も実験をしてもらいました。しかし、結果は何度やっても同じでした。

実は珠算も全く効果がない訳ではありません。ある一定の条件に当てはまる場合には、認知症予防にも効果を発揮するのですが、そうでない場合の効果は少ないという結果だったのです。他にも、色々な実験をしていく過程で多くのことがわかってきました。しかし、相変わらず、「珠算はなんとなく認知症予防に良さそうだ」というイメージ先行の記事が多く、きちんと真実を追究するような記事や番組はあまり見当たりません。

これは、雑誌やテレビなどのメディアが、こうした実験をする時に、「珠算は指先を動かすから脳に刺激があるはずだ」という前提で記事(番組)作りをしたであろうこと、また、こういう実験をするには珠算教室や珠算関係者の協力を仰いでいるでしょうから、効果があまりありませんでした、という結果を採用することが難しかったなどの理由があったのではないかと思います。ですから、一定の条件に当てはまる、効果が出た部分だけをデータや記事や番組の中で採用したのでしょう。

「子供達と同じようにやる珠算が認知症予防には限定的な効果しか得られない」というのは当社にとっても非常にショックな結果でした。しかし、実験データの都合の良い部分だけ切り取って、都合の悪い部分に目を瞑るようでは、本当に認知症予防に効果のあることを追及することはできません。こうして生まれたのが当社が開発した「そろばん式脳トレーニング」です。次ページでは、なぜ珠算だけでは認知症予防に限定的な効果しか得られないのかを説明します。

  

【→次ページ】珠算だけでは認知症予防に限定的な効果しか得られない理由は?