そろばん式脳トレーニングを導入するには?
  珠算(そろばん)教室を運営する先生方・珠算団体の方

kouen

弊社では、認知症予防に効果が出る(脳の活性化ができる)「そろばん式脳トレーニング」というメソッドを確立しました。これは、脳科学の研究施設での実験を重ね、認知症予防に効果を発揮するそろばん学習の方法で、子供たちが学習する珠算とはコンセプトも学習方法も全く違います。

概要は以下のページをご覧下さい。

 → 認知症予防メソッド「そろばん式脳トレーニング」

また、「そろばん式脳トレーニング」は新聞やテレビ、ラジオ、雑誌など、メディアからの取材依頼も非常に多く寄せられております。その一部は以下のページでご紹介しています。

 → 「そろばん式脳トレーニング」関連のメディア掲載情報

今後、国内では少子高齢化が進むことは確実です。10年後、20年後の珠算教室経営にはシニア世代の方の取り込みが必要不可欠です。しかし、現状はシニア世代向けの教室を運営している方は少数です。また、「そろばんは指先を動かすから認知症予防に良さそうだ」というイメージばかりが先行していて、きちんとした実験や研究に基づいた理論はまだまだ確立されているとは言えません。その上、珠算塾というのは個人営業が多い為、研究開発に大きな金額を投資することが難しいというのが実状です。

そんな中、弊社では10年以上にわたり、研究開発への投資を行ってきました。こうして確立したのが、「そろばん式脳トレーニング」というメソッドです。このノウハウを珠算教室を運営されている先生方に提供致します。現在、子供向け珠算教室を運営されている先生方であれば、研修にかかる費用も抑えられ、弊社からのサポートも最小限で済む為、受講料も他業種に比べるとリーズナブルな設定になっています。

脳科学分野の研究は日進月歩です。弊社では、これまで以上に、そろばん式脳トレーニングの効果を高め、更なる研究開発を進めて行きたいと考えております。
また、一人でも多くの珠算関係の皆様と共に、珠算業界が認知症予防という社会の課題解決に役に立つ業界になれればと考えております。
そろばん式脳トレーニングを、認知症予防に関心のある方々、介護事業関係者など幅広く多くの方々に活用して頂けるように。また、珠算指導者には認知症予防活動という社会貢献を持続可能な形で(事業として成立する形で)行って頂き、 それを入り口として、珠算そのものへの興味も喚起することで、珠算人口そのものを増やすところまで持っていければ、珠算業界の活性化にもなるのではないかとも考えています。

そろばん式脳トレーニングを導入したいという珠算の先生は以下のページで詳細をご確認頂いた上で、お問合せ下さい。

 → ▼そろばん式脳トレーニング上級インストラクター養成講座(珠算指導者向け)

 講座受講に関するお問い合わせ、お申込みはコチラから

   

また、上級インストラクターとして、そろばん式脳トレーニングの情報発信や広報活動などを含めた実績を認められた方にはインストラクターの指導員になる講習もございます。指導員講習を受講し指導員になるとインストラクター養成講座を実施(担当)することができ、この場合、講習料として弊社から受講者講習代の半額を支給します。また、上級インストラクターの継続研修(年に一回)を担当して頂いた場合も受講者年間更新料の半額を支給します。なお、養成講座ではなく、通常のそろばん式脳トレーニング講座を開講して得られた収入は、全てインストラクターご自身の収入になります(弊社はマージンなどは頂きません)。 
養成講座ではない分の通常のそろばん式脳トレーニング講座には市区町村の公民館事業や市民講座、大学の生涯学習の講座やカルチャーセンター、サ高住など高齢者向け施設での開講実績がございます。また、ボランティアとして講習を開いて頂いても構いません。
また、中級や上級のインストラクターを目指す方で、自身の珠算技術を向上させたいという方も一定数、出てくることが予想されます。その場合も、そろばん式脳トレーニング関連の収入とは別に、(大人向けの通常の珠算教室としての)授業料収入を得られる可能性があります。

 → ▼そろばん式脳トレーニング インストラクター指導員講座

※ 「そろばん式脳トレーニング」は商標登録出願中です。

 講座受講に関するお問い合わせ、お申込みはコチラから