認知症予防の為の脳の活性化に必要な要素とは?

文字を使う? 使わない?

kouen

まずは下図をご覧下さい。

コミュニケーションの4領域

 

これはコミュニケーションの4領域のチャート(図)です。幼児教育や初等教育の理論学習でも使われる図で、これを左右に分けると左側が幼児教育領域、右側が初等教育領域なのですが、違う言い方をすると左側は文字を使わないアクティビティ、右側は文字を使うアクティビティということになります。

子供たちは小学校に入学すると国語でひらがなやカタカナなどの文字をまず学びます。算数では数を表す文字、すなわち数字を学びます。日本では幼児教育が盛んですので幼児でもある程度の文字(数字)の読み書きはできますが、まだきちんと定着していません。ですから、そうした年代の子供には右側の領域である文字や数字が書かれたものでの学習は難易度が高いのです。

一方、大人はどうでしょうか? 特別な事情のある場合を除いては、あるいは一部の難読漢字を除いては、文字の読み書きは普通にできるので、そういったアクティビティは難しくはないでしょう。むしろ、本を読んだり、手紙を書いたりするのは自分のペースでできるので容易だという人も多いはずです。ここでも当社は「人工的に文字の未学習の状況を作る」トレーニングを行い、大人の脳の活性化を図っています。

アウトプット学習の重要性

kouen

もう一度、先ほどのチャートを再掲します。

コミュニケーションの4領域

 

今度はこの図を上下で分けて見て下さい。下側は入力(インプット)アクティビティ、上側は出力(アウトプット)アクティビティとなっています。「読む」と「聞く」は文字を使うか使わないの違いはあっても情報を脳に入力するという意味では同じです。また、「書く」と「話す」も同様に文字の使用の有無での違いはありますが、情報を出力するという意味では同じです。

そして、実は脳のパフォーマンスはアウトプットで決まるという風にも言われています。ですから、家でテレビを見ている状態はインプット過多であり、ほとんどアウトプットはありませんから、家で四六時中テレビを見てるという生活は認知症予防という意味では極力避けなければなりません。

次のページでは脳のパフォーマンスはアウトプットで決まるという実験をご紹介します。

【←前ページ】珠算だけでは認知症予防に限定的な効果しか得られない理由は?

   【→次ページ】「脳のパフォーマンスはアウトプットで決まる」という実験 その1

【認知症予防メソッド「そろばん式脳トレーニング」のトップに戻る】